札幌市内の観光地 狸小路商店街今年2009年で136年を迎える北海道最古の商店街。

札幌狸小路商店は7ブロック総延長約900m、店舗数約200軒の全蓋アーケードを持つ商店街です。

現在のアーケードは二代目(昭和57年完成、一部を除く)で、国道部分を除き交差する路上をも覆うロングアーケード。

狸小路商店街はその街区ほとんど(国道部交差部分等、一部を除く)の部分が全蓋アーケードとなっているので雨や雪などの影響を受けません。

狸小路商店街鈴蘭灯に続く狸小路の顔となった全蓋アーケードは、1958年に狸小路3丁目に設置されたのを皮切りに、1960年の狸小路2丁目の完成をもって、狸小路1〜7丁目の街路が屋根付きとなり「横のデパート」と呼ばれるようになりました。

2002年、アーケードの大改装が行われ、天板・電機設備の改修、光ケーブルと無線による商店街LANの構築、LED掲示板、防犯カメラ等の整備により現在の狸小路に生まれ変わりました。

本陣狸大明神社5丁目には『本陣狸大明神社』、通称『狸神社』があります。

丸いお腹を突き出した「水かけ狸地蔵」には八つの徳があるといわれて、例えば「大福帳をなぜると商売繁盛」、「お腹をなぜると安産」などご利益が神社内に記さています。

ぜひお参りしてみては?




TAJ MAHAL GROUPドン・キホーテ










お土産屋こぶしや










花いち都屋ぽんぽこ亭










MARION CREPES狸










色々なお店があって歩くだけでも楽しいです。

1丁目から7丁目までは15分少々で歩けるので時間のある方は歩いてみてね!

狸小路の詳しい内容はこちらから
札幌狸小路商店街

人気ブログランキング人気ブログランキングで口コミ情報を見る