ファーム富田のラベンダー畑

富良野ではラベンダーが見頃をむかえ、北海道各地でも真夏日を観測している今日この頃。あっという間に7月も終わりに近づいてきています。

さて、先日の話になってしまいますが、美瑛・富良野観光をしてきました。美瑛といえば『丘』。富良野といえば『ラベンダー』を想像してしまいます。最近巷で話題になっているのですが、日本のラベンダー発祥の地は富良野ではなく札幌って知ってました?ご存知の方も多いかと思いますが、1937(昭和12)年に曽田香料(株)がフランスからラベンダーの種子を導入したことから始まりました。

ラベンダー

曽田香料という会社は現在の南沢にあり、ラベンダーの栽培を始め、実際に香料を製造していた会社です。

現在は富良野市が中心にラベンダーを栽培し、札幌では路肩や一部の場所でしか見られませんが、札幌市南区南沢地区の東海大学札幌キャンパスが中心となって町おこしの一環としてラベンダーの栽培に取り組んでいます。

今年のラベンダーも遅咲を除き、見頃もそろそろ終盤。見に行かれる方はお早めに!

人気ブログランキング人気ブログランキングで口コミ情報を見る