☆北海道においでよ!☆

北海道のイベント、観光スポットを写真や動画で配信中!

    カテゴリ: 北海道フードマイスター関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    そば -Buckwheat- タデ科 ソバ属
    そばはタデ科の1年草で普通種とダッタン種があります。一般に食されるのは普通種です。

    原産地は中国南部の雲南省あたりであると推定され、日本には中国、朝鮮半島を経て伝わったとされています。

    【そば -Buckwheat- タデ科 ソバ属】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    小麦 -Wheat- イネ科 コムギ属
    小麦の原産地は西アジアのペルシャ地方とされ、コムギ属には2倍体、4倍体、6倍体が含まれます。私たちが食する小麦は6倍体の普通系パン小麦と4倍体のデュラム小麦が一般的です。

    北海道小麦は主に道東で生産され、面積11万ha、生産量は約58万tです。

    国産小麦は生産に使用してもよい農薬が決められていることやポストハーベスト農薬の使用がないため、海外よりも国産の方が安心といえます。

    【小麦 -Wheat- イネ科 コムギ属】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    米 -Rice- イネ科 イネ属
    北海道の稲作は明治時代からはじまり、現在至ります。北海道も米の産地となり収穫量はほぼ毎年都道府県別の上位5位以内。

    日本で消費される米の消費量は約840万tといわれ、このうち500万tが家庭、340万tが外食(レストラン)や弁当、学校や病院などの給食、加工用米飯、酒や米菓子などの業務用米として消費されています。

    【米 -Rice- イネ科 イネ属】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    今日から北海道フードマイスター関連記事を書こうかと思います。

    北海道フードマイスターとは?
    ご存知の方も多いかとは思いますが、札幌商工会議所主催のご当地検定の一つ、北海道フードマイスター認定制度に合格した人たちのことです。

    『北海道の食材を知り、北の健康・文化・産業を支える人材育成を目指す』をテーマに北海道の「食」について考え、食の安全性・栄養特性・食文化など、道産食材に関する正しい知識を身につけ、そのよさを広く伝える人を指します。

    食材の特徴や栄養、地産地消の推進、観光客のおもてなしの向上をはかり、道産食材の価値向上を目指しています。

    【北海道フードマイスター関連記事】の続きを読む

    このページのトップヘ